★あの頃の未来に僕らは立っているのかなぁ…すべてが思うほどうまくは行かないみたいだ★

★このままどこまでも日々は続いていくのかなぁ…雲のない星空が窓のむこうに続いてる★

★あれから僕たちは何かを信じてこれたかなぁ…夜空のむこうにはもう明日が待っている★
採血と冬の公園 
2010/12/22 10:38

病院?

昨日(21日)は、バセドウ病の検査のために、採血に行ってきました。

先生の診察を受けて、検査の結果を聞くのは24日、クリスマスイブです。

だから、昨日は採血するだけで、すぐに終了。

午後からは仕事なのですが、ちょっと時間があったので、GF1を持っていきました。

帰りに、近くの公園で、ちょっと写真を撮ってみようかな♪ と思ったから。

GF1を買ってから、なかなか外に持ち出す機会がなかったので、初めての外写真です。


まだ、使い方もあんまり理解しないまま・・・

とりあえず、オートモードと、絞り優先モードだけはわかる(はず)なので。

何十枚も写真を撮った中から、気に入った写真を何枚かお披露目します。


冬の公園?1

もう12月も後半、ほとんどの葉は落ちちゃってるかな?と思ったけど、まだまだ、紅葉した葉が残っていました。

まだまだ下手な写真でお目汚しですが。。。

冬の公園?2

冬の公園?3

鳩さんを1羽だけ発見!
近づくと逃げちゃうし、単焦点レンズだし・・・。

冬の公園?4

この赤い実は、なかなかピントがあってくれなくて苦労しました。
マニュアルフォーカスのやり方が、まだわからなかったので・・・(汗)

冬の公園?5

冬の花っていえば、やっぱり椿かな?
赤い椿と白い椿の木が垣根になっていました。

こういう写真を撮ると、マクロレンズが欲しくなっちゃうけど・・・。




日本ブログ村に参加しています。

↓みなさんのステキな写真を見ていろいろ勉強になります♪
にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ  にほんブログ村 病気ブログ バセドウ病へ

関連記事

コメント

赤い実

こういう、細かい被写体が散らばってる写真を撮るときは
多点AFじゃなくて、中央1点にしてAFエリアを小さめにするとピントが合わせやすいですよ

GF1は1点AFの位置も簡単に移動できるので、フレーミングも楽でよいですね

>hogeさん

はじめまして。

アドバイスありがとうございます。
まだまだ勉強不足で、多点AF、一点AFの切り替えもわかりませんでした。
今、取説を読み、理解できました。

とにかくいろいろやってみて、操作に慣れるのが先決ですね。

はじめまして

私も平成13年にⅡ形糖尿病と診断されてから、3年目位にバセドウ病になりました。このところ落ち着いてきているようですが、一時はひどく痩せました。今糖尿病の先生にバセドウ病も診察を受けているのですが、先生から「海藻類」を食べすぎないように言われていました。落ち着いている状態でも、メルカゾールを朝、一錠週に1回飲んでいます。以前は週3回飲んでいた事もあります。何の自覚症状もないのですが、薬で調節するしかないらしいです。東京の青山通りに伊藤病院という病院が専門医らしいのですが、とても通えません。全国から患者さんが来て、朝7時半ころまでに行かないと診察してもらえない様です。当分今の先生に診察を受けるつもりです。

>さこさん

初めまして。
コメントありがとうございます。

さこさんは、メルカゾールは1週間で1錠なんですね!
私は毎朝なのでまだまだです・・・
(加えて、チラージンも1錠飲んでますし)
それでも、今は体調がいいので、毎日を楽しんでいます♪

これからもよろしくお願いします。

私の方がずっと軽いのですね

病気に負けずに頑張っておられるのですね。素晴らしい写真も見せて頂きました。病院の写真は貴女が通っておられる病院ですか?写真の腕前も素晴らしいですね。
私もデジカメが壊れてしまっているので携帯で撮った写真をブログに載せているのですが、それにまだブログを始めたばかりなので、失敗ばかりです。
これからも宜しくお願いいたします。

>ちゃこさん(さこさん?)

病気に負けず・・・というか、薬を飲む以外は、あまり病気だということを意識しないで普通に生活しています。
(ビールをちょっと我慢するぐらい)

写真は、自己流だし、まだまだなので、褒めていただくほどの腕前ではないんです。
でも、嬉しいです。
ありがとうございます。

病院の写真は私が通う病院です。

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kurumicat.blog8.fc2.com/tb.php/1115-cf14b05a

  •  | HOME |