★あの頃の未来に僕らは立っているのかなぁ…すべてが思うほどうまくは行かないみたいだ★

★このままどこまでも日々は続いていくのかなぁ…雲のない星空が窓のむこうに続いてる★

★あれから僕たちは何かを信じてこれたかなぁ…夜空のむこうにはもう明日が待っている★
スポンサーサイト 
--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Block & Replacement Therapy 
2011/02/04 19:11

病院近くの公園に咲く白梅

今日はバセドウ病の通院日でした。

採血は昨日の午前中に済ませてあるので、今日は主治医から検査結果の説明を受けます。

ポカポカ陽気だったので、病院近くの公園でちょっとカメラ遊び。

あんまり時間が無くて、散策はできなかったけど、1本だけ梅の木を発見!

ズームレンズで撮って、トリミングしています。

下手な鉄砲、数を打ってもなかなか当たらないなぁ。。。



今日処方された薬

検査結果です。

肝機能は、ASTALTは正常値になりました。

γ?GTPALPは、まだ高いですが、前回よりは下がっているのでいいそうです。
ゆっくり下がってくるものらしいです。

やっぱりメルカゾールの影響だろうということでした。



そして、甲状腺のホルモン値は、FT4だけがちょっと低下気味で、他は正常値でした。

このところ、身体が重かったり、怠かったり、もの凄く眠かったりしたのは、このせいだったのかな??

ほんの少し低下しているだけで、顕著に表れるものなんでしょうかねぇ?

先生に、寒さを感じたり、浮腫んだりすることはないですか?って聞かれたけど、

冬だから毎日毎日寒いし、朝起きたときに顔が浮腫んでいるのは、もう慣れてしまって、なんとも思っていませんでした。

やっぱり甲状腺ホルモンが低下気味だからなのかな?

そういえば、最近、体重の増加がちょっと気になってはいたけど、単なる食べ過ぎだと思ってました。

代謝が落ちているからなのかな??


検査結果

そんなわけで、薬が増えました。

普通は、メルカゾールを減らすのですが、私の場合は、コントロールが難しいらしくて、以前、メルカゾールを1日錠から2日で1錠に減らした途端に、数値が上がっちゃって、動悸や息切れ、発汗、体重減少などの諸症状が現れちゃったんです。

それで、また1日1錠に戻されて約2ヶ月半、やっぱり1日1錠じゃ多くて、また低下気味に。


今度はメルカゾールは減らさずに、甲状腺ホルモンを押さえつつ、チラージンという甲状腺ホルモン剤で、足りなくなったホルモンを補充するというやり方をするそうです。


これが、Block & Replacement Therapy という治療法で、バセドウ病の治療では、よく行われるんだそうです。


「飴とムチ」ですか??

どっちが飴で、どっちがムチなんだかわからないけど・・・。


写真は処方された50日分の薬です。

左がメルカゾール、右がチラージン、真ん中が頓服のロキソプロフェンナトリウム

頭痛薬です。
たまに頭痛が起きるので、出してもらいました。



メルカゾールチラージンもピンクで間違えやすいなぁ・・・。

私が大好きなメタリックなピンクですが♪



日本ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 病気ブログ バセドウ病へ    にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ

関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kurumicat.blog8.fc2.com/tb.php/1154-27e09416

  •  | HOME | 
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。