★あの頃の未来に僕らは立っているのかなぁ…すべてが思うほどうまくは行かないみたいだ★

★このままどこまでも日々は続いていくのかなぁ…雲のない星空が窓のむこうに続いてる★

★あれから僕たちは何かを信じてこれたかなぁ…夜空のむこうにはもう明日が待っている★
スポンサーサイト 
--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検査結果(バセドウ病) 
2011/03/26 00:11

公園の梅

病院近くの公園に咲くです。

満開でした。


今日はバセドウ病の診察日。

一昨日に採血してあるので、主治医に結果の説明を受けます。

前回、2月4日にほんの少し低下症気味だったので、メルカゾールに加えチラージンSを1錠追加したのですが、それが良かったようです。

甲状腺の数値はすごく良いそうです。

ただ今回は、検査結果をプリントして貰うのを忘れてしまったので、数値は画面で見ただけで、記憶していません。

先生が良いというのだから、きっと良いのでしょう。

体調も悪くないので。



肝機能もかなり良くなっていて、前回はまだ100を超えていたγ?GTPも、75ぐらい(数値はうろ覚え)でした。

まだ上限よりは高いけど下がってきているので良かったです。



実は、20日ほど前から腰痛が酷くて、近所の整形外科クリニックで診てもらっていました。

レントゲンを4枚撮ったけど、骨に異常はなく、軟骨がちょっとくたびれてる状態だそうです。

丸みを帯びているはずの背骨が、平らに尖っているところがありました。

年齢的なものかな?と言われました。。。

その時に約束させられた4カ条。

 * 仕事の時はコルセットを巻くこと
 * 低いところの荷物を持ちあげるときは、必ずしゃがむこと
 * お風呂にゆっくり浸かること
 * 痩せること、上物が軽くなれば負担が減るので


痩せろと言われてもねぇ。。。

そりゃ、痩せたいですけど、痩せられるものなら。



話がそれましたが、この時に、鎮痛剤筋肉をほぐす薬胃薬を処方されて、1週間飲んでいたんです。

だから、もしかしたら、肝機能が悪くなっているのでは?と心配していたのですが、大丈夫でした。



腰痛は今はもう大丈夫です。


じわじわと痛み出してから10日ぐらい様子を見ながら、甲状腺外来で貰っていたロキソニンを飲んで、コルセットを巻いて、だましだまし仕事をしていました。

限界を感じて14日に受診して、徐々に良くなっていきました。

もしかしたら、整形外科にかからなくても、良くなる時期だったのかもしれないですね。

本当は1週間薬を飲んだら、また様子を見せてと言われていたのですが、整形外科も混んでいるし、仕事も忙しくて休みを取りにくいので、行きそびれています。

たぶん行っても薬も出ないだろうし・・・。



今日の診察は、予約時間よりちょっと早めに病院に着いたので、待合室でウトウトしてしまいました。

鼻炎薬(花粉症)の影響です。

そんな時に呼ばれて診察室に入ったので、マスクを取るのも忘れたし、検査結果をプリントして貰うのも忘れたんです。

診察と言っても、甲状腺をちょっとさわったり、手の震えを見るぐらいなのですが。



そうそう、もう一つ気になっていた事が、チラージンSという薬のこと。

この薬を作っている製薬会社が福島県いわき市にあり、今回の地震で操業停止状態だそうです。

ジェネリックもない薬で、国内シェアの99%をこの会社で作っているとか。

いわき市の工場が稼働するのはいつになるのかわからず、緊急に輸入するらしいです。

だから、今回は薬は1ヶ月分だけの処方になりました。

次回の診察は2ヶ月後なのですが、薬は1ヶ月分なので、1ヶ月後に診察は受けずに薬だけ出して貰えるそうです。


薬剤師さんの話だと、1ヶ月後ぐらいには輸入もされてるだろうということでした。



公園の梅

公園の梅

公園の梅

今回の写真は、LUMIX DMC?GF1 14?45mmの標準ズームレンズで撮っています。

望遠レンズで、一度近所の中学校の桜を撮ったのですが、望遠側で手持ちで撮るのはなかなか難しくて、手ブレ写真が多かったです。

それに比べると、このレンズは撮りやすいです。


望遠レンズも練習しなくちゃ。




日本ブログ村に参加しています

にほんブログ村 病気ブログ バセドウ病へ    にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ


関連記事

コメント

バセドウ病

初めまして。海外からです。
最近、近所の80過ぎのお婆ちゃんが亡くなりました。毎朝住み込みの家政婦さんがパン屋さんにフラウタとかミチータというフランスパンを買いに行くのを見ていました。その家のお婆ちゃんはフランス語や英語スペイン語を操る方でした。しかし、肥満気味で眼球が突出していたのです。知り合いの体育の先生も朝食と昼食にフランスパンばかり食べていて眼球突出がひどく、肝臓も悪いのではないかと思われるような症状がよく似ていたので、パン食に偏っているのではないかと家政婦さんに話していたところでした。まあ80過ぎですから、いろいろ他にもあるとは思いますが・・・。

パンが悪いとは思いません。ただ、漂白した小麦粉や使う油脂が自然のものでなかったりとか、いろいろ要因があるのではないかと思っていました。このたび、「バセドウ病・フランスパン」で検索するとバセドウ病持ちでパン作りが好きな人のサイトがいくつか出て来て驚きました。食費が高くつきますが、やはり糖分油分を控えめに野菜果物海草等をバランス良く摂取し全身的運動も心がけておけば病気予防になるのではないかとか・・・思った次第です。老婆心ながら書き込みさせていただきました。私もパンやパスタが好きなので気を付けます。ハイ

>ままさんさん

初めまして。
コメント、そしてご忠告ありがとうございます。
ままさんさんのお言葉、真摯に受け止めさせていただきます。

でも、パン作りはこれからも楽しみたいと思っています。

幸い、私は眼球突出は無く、バセドウ病の症状も安定しておりますので、ご心配なさらないでください。
ありがとうございました。

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kurumicat.blog8.fc2.com/tb.php/1175-251c343c

  •  | HOME | 
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。