★あの頃の未来に僕らは立っているのかなぁ…すべてが思うほどうまくは行かないみたいだ★

★このままどこまでも日々は続いていくのかなぁ…雲のない星空が窓のむこうに続いてる★

★あれから僕たちは何かを信じてこれたかなぁ…夜空のむこうにはもう明日が待っている★
スポンサーサイト 
--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私立高・推薦入試 
2005/10/08 23:30

今日は、と一緒に、とある都内の私立高校の、学校説明会に行って来ました。

数ある私立高校の中で、どうしてこの学校を選んだのかというと、の時も、ここを推薦受験して、合格をもらっていたし、とりあえず、1校は行っておこうと思い、私が行ったことのある、この学校を選びました。

もちろん、第一志望は県立なので、あくまでも、滑り止めですが。

我が家から通学する場合、県内の学校よりも、都内の学校の方が交通の便が良く、通学時間も短縮できます。
時間的にも、方向的にも朝のラッシュには、巻き込まれてしまいますが、あくまで、滑り止めなので・・・。

S県私立と、都内私立では、ほとんどの学校で、A推薦(単願推薦)と、B推薦(併願推薦)と、一般受験というシステムを採用しています。
(我が家は)県立志望なので、B推薦ということになります。

で、この、A・B推薦なのですが、ほとんどの学校が、説明会などの時に、同時に開催される、個別相談会で、合否が決まります。
トップレベル、もしくは、それに近いレベルの学校は、その限りではありませんが。

この相談会の時に、今までの成績(通知票のコピー、模擬テストの結果つまり偏差値、英検、漢検、数検などの合格証)を見せて、その学校の基準値をクリアしていれば、合格の確約を貰えるのです。

も、1学期の、思いもよらずにいい感じだった通知票のコピーと、英検準2級の合格証を見せて、合格を貰ってきました。
あとは、体験入学に1回参加して、推薦入試の当日に欠席しなければ、間違いなく合格です。(もちろん、受験料を払うのですが)

あとは、当日に熱などを出さぬように、体調を整えておかなくては!
(まだまだ、先の話ですが・・・)


余談ですが、今日行った学校は、けっこう吹奏楽が盛んな学校で、今日も、説明会が行われる講堂のステージで、すばらしい演奏を聞かせてくれました。
私は、そんな演奏を聞くだけで、感動しちゃって、いい学校のレッテルを貼ってしまうのですが、吹奏楽に執着していないは、「どーでもいい!」と、言っていました。
高校に行っても吹奏楽を続ける気はなさそうです。

とりあえず、1校は、合格できそうなので、一安心です。

関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kurumicat.blog8.fc2.com/tb.php/119-1341b5d1

  •  | HOME | 
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。