★あの頃の未来に僕らは立っているのかなぁ…すべてが思うほどうまくは行かないみたいだ★

★このままどこまでも日々は続いていくのかなぁ…雲のない星空が窓のむこうに続いてる★

★あれから僕たちは何かを信じてこれたかなぁ…夜空のむこうにはもう明日が待っている★
容器 
2012/03/24 00:57

100均の木箱に水性ステインで塗装

100均(セリア)で買ってきた木箱です。

でも、買ったままだと白木のままだし、植物を育てるのには耐久性とかちょっと不安もあったので、家にあった、水性ステインを塗ってみました。

塗り方も雑なんですが、そんなところがまたナチュラルな雰囲気でいい感じ(と思っているのは私だけかな?)

たまたま家にあった塗料だけど、好みの色に仕上がって大満足です。


底穴

この木箱の用途は、多肉を植えることなので、底穴がないのはNG。

だから、ちゃんと穴を開けましたよ。

って、開けたのはだんなちゃんなんですが。

えっと、うちは自営業で金属加工をやっているので、いろんな工作機械があるんですね。

だから、こんなものの穴あけはお手の物なんです。

プロの仕事ですから、穴もきれい!

なんて、これぐらいのことで褒めすぎかな?


紅茶の缶

続きまして、紅茶の缶。

これは、私が多肉にハマリ始めた頃に、家の空き缶入れに捨ててあったものです。

樹(長男)が買ってきた紅茶だと思いますが。

紅茶の缶って、おしゃれな感じなものが多いので、これも多肉ちゃんにぴったりかも!


底穴

これも、職人さんに底穴を開けてもらいました。

穴、きれいでしょ?


100均のブリキバケツ

最後は、100均(セリア)で買った、ブリキのバケツです。

茶色とか、ピンクとかに塗装してあるものもあったけど、私が選んだのは塗装無しのタイプ。

早く錆びるかもしれないけど、それもまた良し!


底穴

そして、底穴。

もちろん職人さんが穴開け。



実は、このバケツは2個目で、1個目のバケツにはすでに葉挿し多肉ちゃんたちがちょっとだけ芽を出しています。

バケツ1号

多肉ちゃん、うっかり取れちゃった葉っぱを土の上に置いておくだけで、芽や根が出てくるんです。

私は、多肉を育てるのも初めてなので、葉差しというものも、当然初めてなのです。

根も芽も出さないで、しおれてしまった葉っぱもあったけど、いくつかは、こんな風にちゃんと芽が出て、多肉の赤ちゃんが生まれています。

すごくかわいい!

この写真じゃ見づらいので、ちゃんと写した写真はまた後ほど。




にほんブログ村に参加しています
**応援クリックいただけると嬉しいです**
にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ

関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kurumicat.blog8.fc2.com/tb.php/1309-e3d7e73b

  •  | HOME |