★あの頃の未来に僕らは立っているのかなぁ…すべてが思うほどうまくは行かないみたいだ★

★このままどこまでも日々は続いていくのかなぁ…雲のない星空が窓のむこうに続いてる★

★あれから僕たちは何かを信じてこれたかなぁ…夜空のむこうにはもう明日が待っている★
スポンサーサイト 
--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンダさんトーク&コンサート(本編) 
2005/11/07 00:31

お待ちかね(笑)、いよいよ本編です。

ライブレポというより、ほとんどが、個人的な感情に基づいて書いてあるので、かなりいい加減です。 そして、かなり長いです。
ご容赦下さい。


会場に入ると、ほとんどが、町内のイベントに集まったご近所さんの雰囲気で、年齢もけっこう高くて、私達の親世代の方達もたくさんいました。(ひょっとして、私が最年少?? と思ってしまうほどです・爆)
始まる前に、トイレを済ませておこうと、トイレのあるロビーに向かって歩いていくと、見覚えのある方が!
3年前、足繁く通ったサンストリート亀戸での、モリ・マサルのライブで知り合った方でした。 思わず駆け寄りご挨拶。 なんか嬉しかったです。

席は自由なので、私は一番前がいいと主張したのですが(笑)、だんなちゃんが反対したのと、最前列中央には、町のオエライさん方が座る雰囲気だったので、ちょっと遠慮して、3列目に座りました。
その後、最前列中央の、役員さん席の張り紙ははずされ、ごく普通の方が座られました(爆)。
(やっぱり、最前列にしとけば良かった。。。)

「池田くん、来てるのかなぁ?」
「来てないだろう?、ギター1本でやると思うよ」

私も、昨日は何回も池田くんのHPをチェックしていたのですが、11月のスケジュールに書かれていないし(というより更新されていません)、BBSにも、ダイアリーにも、何も書かれていないので、出ないんだろうなぁ・・・と思っていました。

今日のイベントの正式な名前は
平成17年度 本庄市人権教育研究集会
山田パンダ 人権トーク&コンサート
テーマ であい ふれあい ささえあい

です。

イベントが始まり、司会の方の言葉、市長さん(代理)の挨拶、来賓の挨拶と続きます。 この間中、同時通訳の手話付きでした。


そして、いよいよ、ステージの幕が上がりました。
「あっ!! ギターあるじゃん・・」
「あるねぇ?!(笑)」
ステージの向かって左側には、見覚えのある池田くんのギターがセッティングされていました。
(でも、ステージ左側・・・、私は中央ブロックの右側に座っちゃったのにぃ)

パンダさん池田くん登場?。
パンダさんは、白いTシャツ、裾をロールアップしたジーンズに、ベージュのスタジャンっぽいジャケット。靴は覚えていませんが。。。
池田くんは、ダークな色合い(?)のTシャツに茶系チェックのシャツ、ジーンズ、黒いブーツ(もしくはスニーカー?)でした。

私がお二人のステージを観るのは、3月のフォークデイズ「山山山」以来です。
思っていた以上に、ドキドキしてしまいました。
パンダさんは、いつもにの通り、にこやかで、あったかくやわらかい雰囲気。
池田くんは、相変わらず美形で、茶髪が似合っていて、やっぱりステキでした。(個人的感想ですので・笑)

トーク&コンサートということで、どのような進行なのかな?と思っていたけれど、普通のコンサートで、ちょっとトークが多いぐらいで、最初から、最後まで楽しめました。
トークの内容は、全般にわたり、保育園へ行っていた頃の経験からのお話が多かったかな。
「子供は宝物、大人が守って、大切に育ててあげなくちゃいけない」
「1人1人の個性を大切に」

というような内容だったと思います。


1.落陽
自己紹介やら、池田くんの紹介の後に、いきなりこのイントロがはじまり、ちょっとびっくりです。 パンダさんの声に重なる、池田くんのコーラスも、力強い池田くんのギターも、すごく良くて、1曲目からドキドキ。

トークの間も、歌の間も、ずっと手話通訳さんが、ステージの端で手話をしていたので、そっちも気になり、歌詞を聞きながら、手話を見たりして、「あのじいさん」はあーやるんだ?、とか、思いながら聞いていました。

2.街並
まさか、この曲が聞けるなんて思わなかったので、またまたびっくり。 私のドキドキは収まりません。

3.風の街
街シリーズが続きます(笑)。
私の中では、この曲は、PANDA//SON時代の印象がものすごく強くて、2コーラス目の「♪空に登って?消えてゆく?」の所は、池田くんのパートなんです。(あくまで個人的意見ですので)
いつかまた、池田くんの歌で聞いてみたいなぁ。

4.イムジン河
少し戦争の事を話されたあと、この曲に突入。
私の1回目のドキドキのピークがやってきて、涙がこぼれてしまいました。
この会場にいた、年配の方々も、心に染みるものがあったのだと思います。 終わった後、いっそう大きな拍手が。

5.けれど生きている
やっぱり、かぐや姫の曲になると、どうしてもあの3人揃っての演奏を聞きたくなってしまう私です
それでも、パンダさんが歌うこの曲も、すごく渋くてステキでした。

6.ソーラン節
ここで、パンダさんの歌唱指導の元、会場全員で、ノリノリで大合唱です。
といっても、お客さんのパートは、合いの手ですが。
♪ヤーレンソーラン・・・・ソーランソーラン♪ハイッハイ
の部分と、
♪エンヤーラサーのどっこいしょ♪ハァ、どっこいしょ?どっこいしょ
の部分です。
ここでは、会場中のお客さん全員、ノリノリで楽しんでいました。
会場中から大爆笑と、大きな拍手でした。

7.モズが枯れ木で
パンダさんが学生時代に歌っていた頃のことを話され、一番最初にフォークソングとして歌った曲と、紹介されていました。
(私には、余り馴染みの無い曲でした)

8.太陽が燃えている
2004年5月に発売されたアルバム『Re-Cover』に入っている曲で、THE YELLOW MONKEYのカバーです。
このアルバムは、聞いたことがないのですが、良くあるカバーアルバムとは違って、ベテラン(?)のアーティスト達が、若者の曲をカバーしています。 聞いてみたい!!

9.踊り子
パンダさんの切ない歌い方、大好きです。
(でも、いつもワンコーラスだけなので、全部聞きたいなぁ?)

10.黄色い船
再びパンダさんの歌唱指導です。
♪僕は?僕は?毎日?毎日?
の、赤い部分を全員でコーラス。たいへんよくできました?(笑)。
でも、この曲は、絶対裏打ちで手拍子を打ちたい私は、かなりがんばっていたけれど、圧倒的大多数の表打ちの方が強くて、なんか、バラバラな感じになってしまいました。
私達の他にも、数人、意地でも裏打ちをしている方もいました(笑)。
(みんな、土曜日のスウィングガールズ見ねがったのか? このリズムはジャズだべ。。。私なんが2度目だべさ・爆)
でも、こういう場(どういう場だ?)では、私達少数派が、折れて、全員でキレイな手拍子を打つってことも有りかな?とも思いましたが。

11.僕の胸でおやすみ
そんな大盛り上がりの後、パンダさんがしっとりと歌い上げてくれました。
最後の曲です。

パンダさんと池田くんがステージからいなくなってから、大きな拍手が、あっという間に、アンコールを要求する、キレイに揃ったリズムに!!
(やればできるじゃん!!)

程なく、お二人が登場して、奏でるイントロは、なんと、

アンコール1.神田川
「一緒に歌って?」と、パンダさん。
ほんのちょっと、歌詞を言うだけで、見事に全員で歌いきりました。
2コーラス目もばっちりでした。
そして、意外にも、この曲でうるうるしてしまった私。
(いつもは、この曲はやらなくてもいいと思っているので、ほんとうに意外でした。)

そして、そのうるうるに拍車をかけるように

アンコール2.おはようおやすみ日曜日
のイントロが始まり、私のドキドキうるうるの絶頂を迎えてしまいました。
自分でも、わけがわからず、声は出ないけど、顔をくちゃくちゃにしての号泣状態でした。
「♪おはよう?おやすみ日曜日?」の大合唱があるのかな?と思っていたら、それはなくて、パンダさんが2度繰り返しただけでおしまい。

幕が下りました。

司会の方の閉会の言葉もあり、ほんとにおしまいです。

トーク&コンサートということで、それほど期待していなかった(失礼!)のに、2時間近くに及び、曲数も13曲。
おまけに、号泣できて(?)、あったかい気持ちになれました。

ほんとに、来て良かったです。
私をここに連れてきてくれただんなちゃん、ありがとう。

(ずっと思っていたけど、まだ言ってないので、ここに書いておきます)


それから、帰りに、再び道の駅により、気になっていた園芸センターへ。
今日の記念(思い出)に、前から欲しかったハツユキカズラ(観葉植物)を買いました。 大切に育てようと思います。

ハツユキカズラ


長文、駄文を読んでいただき、ありがとうございます。
個人的感想なので、もし、これを読んで不快に思われた方がいたら、ごめんなさい。
長文なので、誤字脱字もあると思いますが、見つけた方は、コッソリ教えてね(笑)。

関連記事

コメント

池田くん♪

ずいぶんご無沙汰の池田くん。
かわいかったぁ?お話できたぁ?

パンダさん、たっぷり歌ってくれたのね。
癒し系の声だよね~
選曲もすごくいいね~
行けて良かったね~
ひろこさんのレポを読んでたら私もうるうるしそうだったよ(;_;)

池田くん☆

私も、ずっとソロライブ行ってないし、ご無沙汰でした。
うん、うん、かわいかったよ~e-266
というより、大人っぽくなって(じゅうぶんに大人なんだけど・笑)カッコよかったって言った方がいいかな?

夕ご飯までには帰ると、言って出てきたので(結局帰れなかったんだけど)、出待ちはしないで、すぐに帰って来ちゃいました。

また、そのうちにソロライブにでも行ってみようかな~。

パンダさんはほんとに、すっごくやさしくて、あったかくて、それでいて渋くて。
こんなにたくさんの曲を聞けると思っていなかったから、
大満足のトーク&コンサートでした。
ほんとに、行って良かった!!

この日から、ちょっと、かぐや姫モードな私です。

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kurumicat.blog8.fc2.com/tb.php/137-a10d9010

パンダライブ@本庄

  • [2005/11/10 08:14]
  • URL |
  • The Kaguyahime Homepage |
  • TOP ▲
  •  | HOME | 
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。