★あの頃の未来に僕らは立っているのかなぁ…すべてが思うほどうまくは行かないみたいだ★

★このままどこまでも日々は続いていくのかなぁ…雲のない星空が窓のむこうに続いてる★

★あれから僕たちは何かを信じてこれたかなぁ…夜空のむこうにはもう明日が待っている★
スポンサーサイト 
--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あかりをつけましょぼんぼりに? 
2006/03/03 11:17

花の雛人形3月3日
そう、今日は桃のお節句、雛祭りです。

これは、が生まれたときに、義父母と、私の実家で買ってくれたものです。
選んだのは私です。

これは、結構大きくて、下の台のサイズは1mぐらいあります。
私の自分のお雛様は、ガラスケースに全員(15人)入っているものなので、当時は、豪華な大きめサイズの親王飾りが欲しかったのです。

お顔のアップ上の写真だと顔がよくわからないので、顔のアップです(笑)。
クリックして大きくして見てくださいね。

お雛様って、本当に不思議で、同じ職人さんが作っても、顔は微妙に違うんですよね。

これを買ったところは、製造元直売みたいなところで、セットになっているのではなく、男雛はこれで、女雛はこれ、屏風はこれだけど、台はこっちがいい・・・。
と、全部自分の好きな組み合わせで買うことが出来るのです。

私が欲しくて、自分で選んだお雛様。

それなのに、その大きさ故に、飾るのもたいへんです。
(段飾りほどではないけれど。)

それでも、がんばって毎年飾っていました。
も女の子だし、小学生の頃は「お雛様出してね」と言っていたので。
(そういえば、5月人形って、何年飾っていないんだろうか??)

そして、猫のごまとくるみが、我が家に来て初めての雛祭りには、がイタズラをするからと言う理由で、飾りませんでした。
ちなみに、猫たちは、お雛様よりも、人形の埃を払うための鳥の羽でできた毛ばたきに夢中ですが(苦笑)

でも、昨年は、
「去年も飾っていないから、お雛様がかわいそうだよね」
と言うことで、ちゃんと飾りましたよ。

今年は・・・・・
ごめんなさい

諸々の理由(ほんとは面倒なだけ)で、飾っていません。

「お雛様、本当にごめんなさい。。。」


今となっては、幅50cmぐらいのケースに収まった、親王飾りにしておけばよかったと思っています。

だって、うちのお雛様のサイズだと、普段は雑誌やら、仕事の書類やら、ごちゃごちゃ物が置いてある、床の間を片付けなくてはいけないんですから。
(いつも片付けていれば問題無しなのですが。。。)

関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kurumicat.blog8.fc2.com/tb.php/206-35dceef9

  •  | HOME | 
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。