★あの頃の未来に僕らは立っているのかなぁ…すべてが思うほどうまくは行かないみたいだ★

★このままどこまでも日々は続いていくのかなぁ…雲のない星空が窓のむこうに続いてる★

★あれから僕たちは何かを信じてこれたかなぁ…夜空のむこうにはもう明日が待っている★
スポンサーサイト 
--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業式 
2006/03/15 20:13

今日は、花の卒業式でした?。
お天気にも恵まれて、いいお式だったと思います。


在校生、保護者、職員、来賓が、着席し、それから卒業生が入場してきます。

体育館の2階後方では、我らが吹奏楽部(1・2年生)が、威風堂々を演奏。
なんとなく厳かな雰囲気での、卒業生の入場でした。


私は、早くもうるうる。
でも、泣くに至らず(笑)。


1人1人名前が呼ばれて卒業証書を舞台上の校長先生からいただきました。

その後は、来賓の挨拶やら、お祝いの言葉やらが、長く続きます。
その中で、PTA会長(女性)のお話に心を打たれ、またうるうる。


「卒業生の皆さんは、高校生になっても、
『僕はここにいるよ。』『私はここにいるよ。』と、
発信してください。
そして、お父様、お母様は、
その電波を、見失うことなくキャッチしてください。」



あとは、ほとんど覚えていないのですが(眠かったので。。。)。

自分は、自分の子供達の電波をちゃんと、キャッチできているのだろうか??
子供達のこと、ちゃんとよくわかっているのだろうか??


なんて、思いながら聞いていました。


そして、保護者代表挨拶では、

「3年間、学んだ教室、机、椅子・・・・・・」

と言う下りがあったのですが、それを聞きながら、思い浮かんだことは、

「この部屋ともしばらくお別れだな・・・、あるいはこのまま・・・」

不謹慎ですねぇ?、私ったら。
なんと、オスカルの台詞を思い出してしまうなんて(汗)。


そうそう、が卒業の時には、巣立ちの歌だったのですが、
今回は、旅立ちの日にという歌でした。
私は、知らない曲でした。


なんだか、支離滅裂(いつものことだけど)な文章になってしまいました。


花、卒業おめでとう。


・・・いろいろな言葉が浮かぶけれど、上手く文章にできません。
子供の卒業って、やっぱり感慨深いものですね。


ちょっと誇らしげに帰宅した花は、今夜はクラスメイトと、焼き肉食べ放題に行きました(笑)。

関連記事

コメント

旅立ちの日に

秩父の学校の先生が、荒れた学校をたて直そうと作った歌で、
最近はこの歌を歌う学校が多いそうです。
つい先日ミューズパークに歌碑ができて、式典をやってました。
トワエモアもカバーしてて、式典で歌ってたよ。
息子も23日の卒業式では歌うみたいよ。
仰げば尊しや蛍の光の時代は終ったのね・・・

そうなんだ~

桜さんちでも、今年は卒業式なんだね。
おめでとうv-300

そうそう、私達の頃は仰げば尊しだったよね。
今の子供達は、知らないだろうなぁ。

そして今夜は、お世話になった先生方を囲んでの、
卒業を祝う会v-275
出席者は少ないみたいなんだけど。

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kurumicat.blog8.fc2.com/tb.php/211-1a59d1fe

  •  | HOME | 
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。