★あの頃の未来に僕らは立っているのかなぁ…すべてが思うほどうまくは行かないみたいだ★

★このままどこまでも日々は続いていくのかなぁ…雲のない星空が窓のむこうに続いてる★

★あれから僕たちは何かを信じてこれたかなぁ…夜空のむこうにはもう明日が待っている★
スポンサーサイト 
--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/2 雪組 「ベルサイユのばら」 オスカル編 
2006/05/08 22:35

またまた、今更ですが・・・

雪組「ベルサイユのばら」とうこちゃんアンドレ編オスカル編の感想です。


5月2日の18:30公演に、実家の母と2人で行ってきました。

この日は、わたるくんの『Across』も千秋楽で、せめてお昼の前楽には行きたかったけれど、チケットが予算内では買えなかったので、キッパリとあきらめました。

そんな気持ちも手伝ってか、ベルばらではないからか、星組の時ほど、ドキドキワクワクして開演を待つという感じではなかったような。

今回は、まばゆいばかりの少年少女達のプロローグも、それほどの衝撃は受けませんでした。

ところが、そんな私にも、衝撃的な瞬間は訪れました。
あまり聞き覚えのない、三度(みたび)咲く?ばらの花?
の曲が終わった時の事です!!

黒い束ね髪、白いマントの後ろ姿・・・


ここ数日、旅行のことと、『Across』のことしか、頭になくて、雪組のプロローグがどんなものだったのかを、すっかり忘れていたのです。
(スカステでも、最近放送されないし、届いているDVDは封印したままだし)

うわぁ?、とうこちゃんだ?
私のオペラグラスは、とうこちゃんに釘付けのまま動こうとせず。

あぁ?、そうだぁ?、そうだったんだぁ?
私は、この人を見に来たんだぁ?


と、しばしとうこちゃんを堪能したあと、ふとオペラグラスを右にずらすと、美しいかしちゃんがっ!
そして左にずらすと、こんどはちかちゃんがっ!
でも、とうこちゃんから目を離したくないし・・・。
さらに左右に振ると、雪組さんのいいオトコ衆がずらっと並んでいます。
とうこちゃんを中心にした、この並びは、雪組初体験(というよりタカラヅカ初心者)の私には、どこをどう見たらいいのかわからないぐらいの衝撃でした。

それに続く、大階段のコムちゃんオスカル
彼女の美しさは、星組さんのDVDでも見慣れているはずなのですが、生オスカルは、もっともっと美しかったです。


でも、美しさに衝撃は受けたものの、なんか冷静に観ている私に驚いてみたり。
星組の時には、顔が涙でぐしゃぐしゃになるぐらい泣いちゃったのに、感動はするものの、泣く程でもなくて。

それでも、天国シーンはステキで大好きです。
ただ、バスティーユで倒れたまま天国に行くので、オスカルの麗しのブロンドが、ちょっと乱れていましたが。

う?ん、とうこちゃんのアンドレ、ステキでした

でも、どちらかというと、私は、とうこちゃんアンドレよりも、オスカルだなぁ?という印象を受けました。
(初心者なのに、ナマイキでごめんなさい)

だからといって、コムちゃんのオスカルよりも、とうこちゃんのオスカルの方がいいとかいうわけでもなくて、
でも、コムちゃんの方がいいというわけでもなくて・・・。
この2人を比較するなんていうことは、私にはとうていできない(しちゃいけない)ことなのですが、フェルゼンわたるくんがイチバンだと思っています。(関係ないけど・・・)


そして、フィナーレのピンクの衣装でのいいオトコ衆
全員、オペラでじっくり拝ませていただきました。
アリガタヤアリガタヤ・・・

今まで星組さんばかりを観ていたので、雪組さんにこんなにもいいオトコがいたなんて!!
(コムちゃん、かしちゃん、ちかちゃん・・・ぐらいしか眼中になかったので)


ちょっとだけ残念だったのは、最後のパレードで、とうこちゃんが歌わなかったこと。
きっと、このパレードは、雪組さんだけで完成されているので、特出さんは歌わずに階段を降りてくることになったのだと思います。


一緒に観劇した母は、私と違い、この雪組バージョンの方が気に入ったみたいでした。
私が、あえて買わなかった(大劇場版は持っているので)プログラムを、買っていましたから。



この後、私の人生初、タカラヅカの出待ちをしてみることになりました。
といっても、どこの会にも所属していないので、遠慮がちに遠くから見ていました。
しかも、いくつかの団体さんが、それぞれどなたの会なのかもわからないまま。

途中、寒くなってしまった母は帰宅することに。
これまで待ったのだからと、私だけ残りました。

出待ちをするというよりは、出待ちの様子を見ているという感じです。
数人の方の出待ちに立ち会えた(?)のですが、たぶん、とうこちゃんかしちゃんコムちゃんだったようです。

一番近くで見れたのは、コムちゃんだったのですが、本当に顔がちっちゃくて、ほっそりしていました。


出待ちができて嬉しいというよりは、出待ちというものはこういうものだ・・・というのがわかって、良かったと思います。
たぶん、もうしないだろうなぁ?。

関連記事

コメント

雪組へようこそ

こんにちは。
にゅるみんのお友達のかなっちの里親(長い)桜月です。
雪組ベルばらご覧になったのですね。
私は雪組を見ることが多いので、そうです!見る人がいっぱいいていつも困ってます。って贅沢ですよね。

今回、トウコちゃんのアンドレのときは本当に目がもっと欲しかったくらい、あっちもこっちも気になりました。
とくに、フィナーレの大階段にかしげさんと水さんが現れ、降りてきたて、コムちゃんとトウコちゃんと合流したときは、これはTCAか?と自分で突っ込んでしまいました。

かしげさんが宙に行ってしまうので、あの並びも今回限りですね。
組替後の各組の並びに今からワクワクしています。

わたるさんの退団は寂しいけれど、新たな旅立ちを応援したいですね。

お久しぶりです♪

桜月さん、こんにちは。

先日も、スカステでとうこちゃんアンドレの千秋楽映像を見たのですが、もう一度行きたい衝動にかられてしまいました。
でも、オークションで高額なチケットを買う気にはなれず、指をくわえています。
スカステ映像とDVDで我慢です。

先日はスサノオが放送されていて、じっくり見てしまいました。
でも、この年は2番手さんが他の組に出演ということで、かしちゃんがいませんでした。
そして、ちかちゃんは、宙組からの特出ということでした!(違和感なかったけど)

私は、ベルばらから入門(?)したので、星組、雪組が馴染みがあるのですが(特に星組e-266)、かしちゃんが宙組に行っちゃうと、そっちも気になっちゃうかなぁ~・・・と。

また遊びに来てくださいね。

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kurumicat.blog8.fc2.com/tb.php/236-ee71488d

  •  | HOME | 
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。