★あの頃の未来に僕らは立っているのかなぁ…すべてが思うほどうまくは行かないみたいだ★

★このままどこまでも日々は続いていくのかなぁ…雲のない星空が窓のむこうに続いてる★

★あれから僕たちは何かを信じてこれたかなぁ…夜空のむこうにはもう明日が待っている★
スポンサーサイト 
--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チケット1回分は確保 
2006/08/30 16:14

宝塚歌劇 星組 東京宝塚劇場公演
ミュージカル『愛するには短すぎる』
ロマンチック・レビュー『ネオ・ダンディズム!』

主演:湖月わたる

なんのツテも、コネもなくて、チケットが取れるかどうか、とても心配だったのですが、とりあえず、1回分だけは確保できました。

e+の先行は全滅。
@ぴあの先行は9月1日に発表。
一般発売は9月3日から。

どうしても心配なので、今日は、阪急交通社の貸し切り公演を申し込みました。
既に封書での申し込みは締め切られていて、残りの分を今日から電話で受付だったのです。

10時から2時間電話をし続けて、ようやく繋がり、あきらめモードで聞いてみると、なんとまだありました。

それでも、チケットだけのプランは、売り切れなので、日帰り食事付きプランです。

1階A席(5500円)が確約されていて、第一ホテル東京【エトワール】のランチバイキング(3000円)が付いて、9800円

申し込んだのは↑このプランなのですが、
2階S席(8000円)+お弁当(?円)+特製ポストカード(?円)が付いて、10300円のものと迷いました。

でも、お弁当ってどんなものだかわからないし、いつ食べるのか?という疑問もあったしで、エトワールのプランにしました。

5500円+3000円=9800円

って、どうしても計算が合わないけれど、まあ、一般発売までのドキドキ感軽減と、貸し切り公演ということで、舞台挨拶と抽選会があるので、まあ、仕方ないでしょう。

座席的には、1階A席2階S席だったら、どっちが良かったのかわかりませんが。

とにかく、これで、最低限1回は見に行けるということです。

これは平日昼間なので、実家の母と行く予定ですが、と行く分の、土日か平日夜の分を、一般発売で確保しなくてはいけません。

あとは、申し込んであるWOWOWの貸し切り公演も当たれば嬉しいのですが。

全部で3?4回は行きたいと思っているので、一般発売がんばります。
それと、VISAの貸し切り公演も申し込むかもです。

関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kurumicat.blog8.fc2.com/tb.php/308-186c6702

  •  | HOME | 
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。