★あの頃の未来に僕らは立っているのかなぁ…すべてが思うほどうまくは行かないみたいだ★

★このままどこまでも日々は続いていくのかなぁ…雲のない星空が窓のむこうに続いてる★

★あれから僕たちは何かを信じてこれたかなぁ…夜空のむこうにはもう明日が待っている★
スポンサーサイト 
--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初入り待ち 
2006/10/11 10:51

東京宝塚劇場(下半分)大雨の初日に断念した入り待ち、昨日行ってきました。

初入り待ちです。

以前偶然にも雪組さんの入り待ち現場に遭遇したことはありましたが、自主的に、入り待ちが目的で出かけたのは、昨日が初めてでした。

10時10分過ぎ頃に、有楽町駅に到着。
劇場前に行くと、すでに、何人もの女性が。
そして、当日券に並ぶ長蛇の列。

あわよくば・・・と、思っていたのですが、あっさり断念。
そのうちに座席券(42枚)完売のアナウンス。
そして、お立ち見券(49枚)の販売開始。
この時点で並べば、お立ち見券(1500円)は、買えそうだったのですが、体力に全く自信がなかったのでこちらも断念。

そうなると、あとは楽屋入りをひたすら待つばかり。

この日は、ちゃんと会のガードの方達の後ろに並ばせてもらうつもりでいたのですが、わたるくんガードがどちらに並ぶのかもわからずに、しばらく様子を見ていました。


注)ガードとは、タカラジェンヌ個人の私設ファンクラブの方達が、会服と呼ばれる(公演毎に新調されるらしい)おそろいの服を着て、入り待ち、出待ちの混乱が起こらぬように、一般ファンと、ジェンヌさんの間に人垣を作ること。
でも、けして一般ファンの迷惑にもならないように、ガードの方々は全員座ってくれるのです。



すると、シャンテ前にいた方達が、カーキ色で袖に★W★K★と、プリントされたパーカーを着始めました。

そっか、こっちがわたるくんガードかぁ。

そして、その列の後方に並ばせてもらうことにしました。


並び始めてから20?30分ほど経過した頃、ちらほらと楽屋入りするジェンヌさんの姿が。

何人もの方が楽屋入りされたあと、劇場側ではとうこちゃんの姿が見えました。

とよこさん、レオンくん、しぃちゃん、となみちゃん他、を確認。

未確認のジェンヌさん多数・・・。


そして、私達のぎりぎり前を通る車!

助手席にはわたるくんが!!
車を降りてきたわたるくんは、にこやかに手を振りながら、ゆっくり進み楽屋口へ。

赤いエナメル(?)の短いジャケット、ジーンズ、Tシャツ(グレーだったかな?)、黒のハンチング(頭上に白い3本ライン)。

すぐ近くで見るわたるくんは、体格を作っている男役姿よりも、ずっとスリムでした。
でも、舞台メイクでも衣装でもないのに、トップスターのオーラがあふれていて、ステキでした。


入り待ち、病み付きになりそうです。


ただ、数十分?1時間立ちっぱなしで、その瞬間はほんの数秒なので、気力体力が十分でないと、かなりしんどいです(はい、私は根性無しですから)

その後は、キャトルで少し買い物をして、シャンテ2階で、展示してあるわたるくんの衣装展を見て、帰宅しました。

関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kurumicat.blog8.fc2.com/tb.php/342-6b4f1f72

  •  | HOME | 
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。