★あの頃の未来に僕らは立っているのかなぁ…すべてが思うほどうまくは行かないみたいだ★

★このままどこまでも日々は続いていくのかなぁ…雲のない星空が窓のむこうに続いてる★

★あれから僕たちは何かを信じてこれたかなぁ…夜空のむこうにはもう明日が待っている★
スポンサーサイト 
--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルト 
2008/02/27 11:49

     ジルとアルト

ジルジゼルアルトの面影を求めて、ネットの世界を彷徨っています。

たった一度しか見れなかった公演だけど、
それは私の心にあまりにも深く、なにかを刻んでいきました。

いろんな方の感想を読ませてもらうたびに、心に刻まれたなにかが大きく高鳴り、息苦しささえ覚えます。

しばらくはGILLEの世界から抜け出せそうもありません。




わたるくんが宝塚を卒業されてからのいくつもの舞台。

ローラ、萩原晃、サンドラ、そしてアルト

どれもが、わたるくんの魅力を最大限に生かせる役でした。

どの舞台も見終わった後、しばらくはこんな状態だったのかもしれません。



アルトにもう一度会いたい。
もう一度、ジルジゼルアルトの心を、この目で確かめたい。

     アルト

宝塚時代はかなり恵まれていたな。。。
ほとんどの舞台はDVDで発売されるし、スカイステージで放送もされる。
たくさんの舞台写真が発売され、宝塚の月刊誌にも掲載。
そして、シナリオ付き写真集の発売。

今は、何も残らない。
残るのはプログラムと、あとは・・・
心の中に刻まれたものだけ。

忘れたくない、ずっと刻んだままでいたい。

だから、少しでも忘れないために、今の気持ちをこうして書き残しておきます。

関連記事

コメント

ジルとアルトにもう1度私も会いたいです・・・。
GILLEの世界にもう1度どっぷり浸りたいです・・・。 
心に深く刻まれる舞台、本当に素敵でしたね♪
ひろこさまの仰るとおり、宝塚時代って凄く恵まれていたんですよね~。  DVDでまたその舞台を見ることが出来て、舞台写真やら色々形に残っていたのが、退団してしまうと、本当にプログラムと心の中に刻まれたもの。ですよね・・・。
今は、演劇雑誌のミニミニカットが救いです。。。

>すももさん

観劇した日から5日経ちましたが、
まだGILLEの世界でもがいている私です。
次の舞台も楽しみなのに、
まだまだ先のことのように思えてしまって、考えられません。

せめて舞台写真だけでもあったら。。。

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kurumicat.blog8.fc2.com/tb.php/634-22f4267a

  •  | HOME | 
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。