★あの頃の未来に僕らは立っているのかなぁ…すべてが思うほどうまくは行かないみたいだ★

★このままどこまでも日々は続いていくのかなぁ…雲のない星空が窓のむこうに続いてる★

★あれから僕たちは何かを信じてこれたかなぁ…夜空のむこうにはもう明日が待っている★
スポンサーサイト 
--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優先席 
2008/04/15 14:33

カラミティ・ジェーンの事ではないのですが、それは、まさしく、ジェーンに会いに行くその日に起こりました。

JR京浜東北線に乗った時、その車両はそれほど混雑もしていなくて、たまたま優先席の所の扉から乗ってしまった私は、一瞬躊躇したけど、優先席に座ってしまいました。

だって、付近に優先的に座るべき人も見あたらなかったし、もしそういう人が来たら席を代わればいいや・・・という気持ちでした。

いくつめかの駅で、「あれ?妊婦さんかも??」
とも思える方が乗車してきました。
私の左斜め前に立っています。

「妊婦さんだったら席を替わらなくちゃ!」
と思っているのですが、妊婦さんかどうかわからないんです。
最近の妊婦さんはおしゃれだし(私の頃と違って)、着ている服だって、一見普通のチュニックブラウスみたいだし。
「もし妊婦さんじゃなかったら、かえって失礼だよな。。。、でも妊婦さんかもしれない・・・」

あんまりジロジロ見るわけにも行かないのですが、腕にかけたバッグにピンク色のキーホルダーが付いていました。
(でも、私の位置からはちらっとしか見えないんです)
「あれ? 妊婦さんのマークかな?」
そういうものがあるのは知っていたけど、実物も、写真も見たことがないので、イラストも文字も読めずに、しばらく考えていました。

「どうしよう???」と考えているうちに、私の向かいに座っている女性が、その方に声をかけて席を代わりりました。
(だって、そちらからはそのマークがよく見えるんだもの)

「うわぁ、やっぱりそうだったんだ。。。(汗)」
なんか、目の前にいながら代わってあげない自分が恥ずかしかったです。


しばらくすると、5歳ぐらいの男の子を連れて、2歳ぐらいの男の子をだっこしたお父さんが乗ってきました。
「あ、あの子に代わってあげよう」
そう思ったのですが、男の子は景色が見たいらしくて、お父さんから離れ、扉の方へ行ってしまいました。

だったら、子どもを抱っこしているお父さんに代わってあげれば良かったんだけど、私は3人掛け優先席の真ん中に座っていたので、私がどいて、その子どもを抱いたお父さんが座るには、ちょっと窮屈かも・・・(けっこう体格のいいお父さんだったので)なんて、よけいなことを考えてしまったのです。

「どうしよう???」
声をかけるタイミングを逃してしまいました。
小心者でごめんなさい。。。

次の駅でタイミング良く(?)、私の右隣の方が降りました。
するとそのお父さんは、「○○くん(上の子の名前)、お父さんはここに座るよ」と声をかけました。
お兄ちゃんは、急いでそこに来て、先にちょこんと座ってしまいました。

「あ、どうぞ、ここに座ってください」

やっと言えました。
40を過ぎたおばさんが、こんなことを言うのに、どれだけ時間がかかってるんだろう。
自分が情けなかったです。


マタニティ・マークちなみに、これがマタニティ・マーク。
覚えておかなくちゃ。

たとえ優先席じゃなくても、代わってあげないといけませんよね?。

私が妊婦の時は、たぶん、電車に乗る機会もなかったなぁ。



関連記事

コメント

ちゃ~すv-221v-238

読んだぞi-86!
駄目じゃないe-277e-330
早く変わってあげなくちゃi-240!←
でも分かる気もするなe-251
あんませめちゃいかんのv-404
次から頑張れば良いさv-353!わらい

この、またになんとかってゆう
キーホルダーは知ってたよe-415
前学校i-257で配られた手紙に書いてあったの~v-10

じゃe-78!またこめするねっe-291

ちょっと違うケースだけど

この前電車に乗ってたら、向かい側のシートに中学生の女の子が座ってたんだけど、
女の子と左隣の人との間に、人がひとり座るには微妙な隙間が空いてたのよ。
そしたらそこにおじさんがやって来て、ちょっと強引に着席。
女の子は本当に窮屈そうな気の毒な状況になってしまった…。(後から来たおじさんより)
で、問題なのは女の子の右側のおばさん。
自分の右にスペースが空いてて、そこをちょっと詰めれば女の子も普通に座れるのに、
ずっと雑誌を読んでて気づく気配まったくなし!結局、最後まで無駄なスペースを詰めず終い。
こういう、周囲の状況なんてお構い無しの人っているんだね…。
まだ状況把握してひとり悶々と悩んでる人は、とっても善意ある人だと思った私です…。

>聖ちゃん
聖ちゃんに怒られちゃったよe-330
へぇ、学校でそういうお知らせを配ったんだね~。
そうやって、みんなに知らせる事って大事だよね。
みんなが知っててこそだもんね。
よし、次からは勇気を出して声をかけようe-271

>midoちゃん
電車によっては、1人分ずつ色分けされているところもあるけど、空いてるとどうしても、隣の人と少し間を開けちゃうよね。
込んできたときに詰めればいいことなんだけどね。
1人1人の意識の問題だなぁ~。
「あのおばさん!」と言われないように気をつけよう。

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kurumicat.blog8.fc2.com/tb.php/667-cd4f33c0

  •  | HOME | 
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。