★あの頃の未来に僕らは立っているのかなぁ…すべてが思うほどうまくは行かないみたいだ★

★このままどこまでも日々は続いていくのかなぁ…雲のない星空が窓のむこうに続いてる★

★あれから僕たちは何かを信じてこれたかなぁ…夜空のむこうにはもう明日が待っている★
スポンサーサイト 
--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラミティ・ジェーンの私的ポイント・その3 
2008/04/15 16:13

はい、まだ続きます。

今度はちょっといろいろ気づいたところ等を。


またまたネタバレです。

ジム&ナンシー・オニール夫妻が、銀行の防犯の話と、ビルに保安官になるよう依頼に来たところ。

ナンシー(小林綾子さん)は、聖歌隊を募集していて、酒場の歌手ロウエラ(伊東恵里さん)(ジェーンの親友でもある)を誘います。

「あなたなんかいいんじゃないかしら♪
なにしろプロの歌手でいらっしゃるんでしょう??」


と、プロの歌手と言うときに、私が見た初回は、左手(だったと思うけど逆かも?)にマイクを持ったつもりで、右手で拳を作り、五木ひろしさんのような振り付け(わかるかな?)をしていました。

2度目に見たときは、左手にマイク、右手は大きく伸ばしてリズミカルに回して、顔を左右に振ってアイドル全盛期の松田聖子さんのような振り(表現がわかりずらくてスミマセン)でした。

それに答えるロウエラも、プロの歌手と言われて、嬉しそうに同じ振りをしていました。

他の日は、どんなプロの歌手だったんだろう? と気になります。


いろいろ書こうと思っていたんだけど、すでにいろいろ書き過ぎてしまって・・・。
また思い出したら、ちょっとずつでも書きます。

関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kurumicat.blog8.fc2.com/tb.php/668-5c2d77a3

  •  | HOME | 
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。