FC2ブログ

★あの頃の未来に僕らは立っているのかなぁ…すべてが思うほどうまくは行かないみたいだ★

★このままどこまでも日々は続いていくのかなぁ…雲のない星空が窓のむこうに続いてる★

★あれから僕たちは何かを信じてこれたかなぁ…夜空のむこうにはもう明日が待っている★
行け行けフェルゼン 
2008/08/31 00:34

今更、フェルゼン??なのですが・・・、先日(かなり前)、スカイステージで、
星組 ベルサイユのばら フェルゼンとマリーアントワネット編 オスカル・水夏希 
もちろんフェルゼンは湖月わたる
を、放送していて、HDDに録画したものを、今日DVDにダビングしていたものですから。


その時に、ふと気になって、原作の、行け行けフェルゼン掛けろペガサスの如くのシーンを探してみたんです。

ちゃんとありましたよ。

行け行けフェルゼン私が、わたるくんを好きになったのは、もうしつこいぐらいに書いているけど、退団発表の記者会見の時なのですが、わたるくんを意識して、初宝塚初ベルばらを観劇したときに、このシーンのかっこいいフェルゼンがすごく印象に残っちゃったんです。

今思うと、背景は映像だし、早すぎるし、なんかかなり妙なシーンではあるのですが。

私は、元々、ベルばらは原作が大好きなのですが、今日、このシーンを探すために、5巻を最初から見てしまい、オスカルの最後のシーンでまたまた泣きそうになってしまいました。

そりゃあ、舞台では、原作通りの再現はとても無理なのはわかっているけど、このシーンは原作の方がずっといいです。
オスカルの気持ち、アランの気持ち、ロザリーの気持ちがちゃんと描かれています。

原作を読むとやっぱり主役はオスカルだし、どうしてフェルゼンが主演なの??なんて思ってしまったり。


単なる妄想ですが・・・
オスカルの身長は175cmだそうです。(どっかで見ました)
じゃあ、わたるくんにぴったりじゃないですか!!
そりゃ、宝塚ではその役は回ってこなかったけど。。。
きっと、スタイルも体型も(←同じだよ)、そっくりそのままなんだろうな。
いえ、オスカルはガイジンだし、漫画の中の人だし、脚は長いですよ、当然。
でも、そのオスカルを人間クサクしたら、わたるくんみたいな人になるんじゃないかな??


あ、行け行けフェルゼンから、かなり脱線しちゃいました。

そうそう、水さんのオスカル、原作のオスカルに似てたなぁ・・・。
直線的な輪郭が似てるのかな?

関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kurumicat.blog8.fc2.com/tb.php/748-55380171

  •  | HOME |