★あの頃の未来に僕らは立っているのかなぁ…すべてが思うほどうまくは行かないみたいだ★

★このままどこまでも日々は続いていくのかなぁ…雲のない星空が窓のむこうに続いてる★

★あれから僕たちは何かを信じてこれたかなぁ…夜空のむこうにはもう明日が待っている★
スポンサーサイト 
--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COCO 続き 
2009/07/11 18:14

続きです。

ネタバレです。

ノエルココの元で、女性として自立します。

再び成功を収めたココはノエルが1人で暮らせるようにと、家を買ったり、ノエルのことを本当の娘のように愛します。

そんなノエルの元へジョルジュが現れてプロポーズ。

ノエルの心は揺れます。
大好きなココと一緒に仕事をしていても、愛するジョルジュと別れたことで、心に空いた大きな穴を埋めることは出来ませんでした。


ノエルは仕事を辞めて、ジョルジュと結婚する事をココに告げます。

大切なノエルを失うことに悲しみますが・・・。



ココは秘書に、ノエルへの予約カードを送るように言います。

「○曜日○時、ウエディングドレスの仮縫いに来るように」 と。


ココは結婚を選んだノエルの幸せを、心から願っていました。


ストーリーはかなりかいつまんでしまい、記憶が曖昧なところもありますが、だいたいこんな感じでした。



某掲示板では、ノエルちゃんの歌がどうとか、見た目がデカイとか・・・
かなり辛口評もありますが、

わたるファン的には(少なくとも私には)
ものすごくかわいくて、透明感のあるノエルちゃんだったし、今までに見たことのないわたるくんが見れて、もう、大満足のミュージカルでした。

ちょっとだけウエディングドレス姿を期待してしまったけど、それが無くても、本当に大満足です。
(ウエディングドレスはASUまで我慢します♪)


それから、岡さん、カツラといい、ファッションといい、メイクといい、しゃべり方といい、おもしろすぎです。


私は、あとは、千秋楽を観ることができるので、すごく楽しみです。
何度でも観たいミュージカルでした。


そうそう、カーテンコールでは、出演者全員が白っぽい衣装になっていて、そのどれもが素敵でした。
今回は、セットも衣装も本当に素敵で、大人っぽかったです。


わたるファン目線・・・というより、母心(?)で、本当に素敵な作品に出させていただいたなぁ・・・と思ってしまいました。


関連記事

コメント

おかえり~

ひろこさん

ストーリーレポありがとうございます

私はこの公演の大きなヤマ場である東京千秋楽が初見なので
できればその空気を楽しみながら観られるように
おまかなストーリーを知っておきたかったのです


ますます楽しみです

千秋楽は25列だけど、私も盛岡では4列目下手で母と観ま~すv-221

>ぱおさん

本当にかいつまんでしまったストーリーで、
もっともっと、わたるくんが出演していない場面でも、見所はたくさんあったんです。

メインキャストの6人が全員はまり役でした。
私の書いたストーリーには、ほぼ3人しか出てこないけど、
他の3人も、みんなすごく良かったんです。
本当に、素敵な方達と共演出来るわたるくんを観させてもらい、幸せな時間を過ごしました。

ぱおさんもお母様とご一緒されるんですね。
時代背景とか、シャネルとか、ツレ様とか、きっとお母様にも親しみやすい、わかりやすい作品なんじゃないかと思います。

下手側・・・ココの部屋、あのソファーの位置はいつも下手側です。
ココと2人のシーンはいつもソファーのところなので、下手側でばっちりです。

千秋楽、私は20列、センター近くです。

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kurumicat.blog8.fc2.com/tb.php/888-536315e7

  •  | HOME | 
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。