★あの頃の未来に僕らは立っているのかなぁ…すべてが思うほどうまくは行かないみたいだ★

★このままどこまでも日々は続いていくのかなぁ…雲のない星空が窓のむこうに続いてる★

★あれから僕たちは何かを信じてこれたかなぁ…夜空のむこうにはもう明日が待っている★
自転車 
2009/12/06 22:03

5年前の新車だった頃

私のお気に入りの自転車です。
写真は、2004年3月、買ったばかりの新車の時に撮ったものです。

当時としてはちょっと珍しく、サドルも、グリップも、そしてタイヤも茶色に統一されていて、フレームの形や、籐かご風のバスケットもちょっとおしゃれで、自転車屋で一目惚れして買ったものでした。

有名メーカーではなく、値段も安めで、耐久性とか、いろいろ心配な点もあったけど、とにかく一目惚れしてしまったので、これを買いました。



自転車は私の生活には無くてはならないものです

買い物に行くにも、仕事に行くにも、駅まで行くのも、いつもこの自転車を愛用していました。


それが、先週(12月1日)、仕事に行こうと思ったら、後輪がパンクしていました。
その時は、ただ空気が抜けてしまっていたのか、パンクなのかよくわからなかったのですが。。。

その日はちょうど、だんなちゃんも納品に行こうとしていたので、
私の仕事先まで乗せていってもらいましたが、
もし、この時間で、歩いて行ったなら仕事に遅刻していたところでした。

私が仕事に行っている間に、だんなちゃんが自転車を見てくれていて、

自転車のタイヤには、金属の破片が刺さっていてパンクしている。
タイヤがかなりすり減っていて、タイヤとチューブを交換しないといけない。


ということがわかりました。


うーん、タイヤの交換ねぇ。。。。。


交換するなら前後両方だし、お気に入りのポイントでもある茶色いタイヤなんて売っているのかなぁ?


翌日、近所の大型自転車店に行ってみたけど、売っているのは黒いタイヤばかり。
しかもタイヤとチューブを前後分買うと4000円ぐらいになってしまう。

ごく普通のママチャリだったら1万円しないで買えるんだけど、
どうせ買うのなら、やっぱりちょっとおしゃれな自転車が欲しい。

おしゃれな自転車は2万円ぐらいはしてしまう。


家でも、ネットで検索をして茶色いタイヤを探しました。
それと同時に、おしゃれな自転車もたくさん見つけました。

いろんな自転車がある中で、やっぱり目に止まるのは、サドルやグリップが茶色い自転車。
タイヤも茶色なら申し分なし。
しかも、いいなぁ・・・と思うのは、フレームの色はオリーブグリーンやダークグリーン。

ピンク大好きな私ですが、自転車ばかりはピンクに魅力を感じませんでした。


結論・・・自転車を買ったとしても同じようなデザインのものになってしまう。
     だったら、タイヤだけを交換しよう



そして、茶色いタイヤを見つけて注文しました。

ネットショップでようやく見つけた茶色いタイヤ届いたタイヤです。

送料込みで約3000円。
けっこう安く買えたので満足です。


タイヤが届いたところで、改めて自分の自転車を観察・・・

よくぞここまですり減ったものですまずは後輪。
本当にものすごくすり減っています。
私は、こんなにすり減ったタイヤを、今まで見たことがありません。

だんなちゃんが言うには、ブレーキのかけ方の癖があるから、後輪だけが減ってしまうそうです。


錆びた荷台    ハンドルの棒(?)も錆だらけ

破れたサドルでも、よくよく見ると、あちこち錆びていて、本当におんぼろな感じがしてきました。

何より、荷台の錆がひどくて・・・、でも荷台まで交換するとなると、またお金がかかってしまって、それこそ、新車を買った方が・・・となってしまうので、今回はタイヤ以外は全てそのままで良し、ということに。

サドルも破けていて、そのうちに水がしみたりするんだろうけど。。。


逆さまにされた自転車自転車は、うちの仕事場に運び込まれて、作業がしやすいように逆さまにされました。

前輪は楽そうだけど、後輪はいろいろ外さなくてはいけないものだらけで、手間がかかりそうです。




後輪が外されました    新しいタイヤがはめられるところ

後輪が外されました。

リムには新しいタイヤが取り付けられます。
古いタイヤに比べて茶色がきれいです。


この後の写真は撮っていませんが、なんとか無事に後輪の交換が出来ました。

前輪は、まだ大丈夫そうなので、交換せず、新品のタイヤはそのまま取っておくことになりました。
もしかしたら、前輪が減るより早く、また後輪が減ってしまうかもしれないからです。


とりあえず作業終了。


明日の仕事へは自分の自転車で行けます。
(この数日はオジジ車を借りていました)


関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kurumicat.blog8.fc2.com/tb.php/916-87040a42

  •  | HOME |