★あの頃の未来に僕らは立っているのかなぁ…すべてが思うほどうまくは行かないみたいだ★

★このままどこまでも日々は続いていくのかなぁ…雲のない星空が窓のむこうに続いてる★

★あれから僕たちは何かを信じてこれたかなぁ…夜空のむこうにはもう明日が待っている★
腱鞘炎発症? 
2009/12/12 10:54

腱鞘炎用のサポーター見た目はかなり仰々しくて、痛々しいですが・・・

腱鞘炎を発症しました。

いえ、医師の診断を受けたわけではないので、本当に腱鞘炎なのか? とも思いますが、自己診断でたぶん腱鞘炎だろう・・・という結論です。


今の仕事を始めたのが7月中旬、1ヶ月した頃からなんとなく指の傷みは感じていました。
手、指を常時使う仕事なので、だんだん酷くなっていったんだろうと思います。

この2週間ぐらいは、親指を動かす角度によっては、ボキッ とか、ゴリッ とか、自分にした聞こえない音を発して、けっこうな痛みを感じることが1日に数回あります。


酷いと言っても、仕事も出来るし、日常生活も多少の痛みを我慢しながら、普通の家事はこなせます。
(もともと家事は適当なので・・・汗)

このサポーターである程度親指と手首が固定されるのですが、装着している間はほとんど痛みもありません。
水仕事の時は外しますが、家にいる間はほとんど着けています。


でも、仕事の時は着けません。
サポーターをしていることで、私は手が痛いのであまり手を使えません と、アピールしているようなものなので、そんな事は出来ません。

時給いくらで働いているので、みんなと同じ様に仕事をこなせなければいけないんです。
そうじゃなくても、まだ新人(?)で、みんなより仕事が遅かったりするのに・・・。
仕事ってそんなに甘いもんじゃないですよね・・・。
職場には、コワイおばちゃん達が目を光らせているので、手が痛いなんて言えません。

だから、なんとなく手をかばいながら仕事はしています。
もし、これ以上悪化して、本当に仕事に支障が出るようなら、辞めることも考えてはいますが。。。


不思議な事に、仕事中、ゴリッ となり、痛みを感じたことはほとんどありません。
自己判断ですが、午前中、ほとんどサポーターを着けて固定しているので、外してからも、数時間は手の痛みがかなり楽なんです。
仕事を終えて帰宅後、夕食のを作り、食べて、片付け終わるまでは、親指はフリーな状態です。

そうすると、やっぱりだんだん痛みだしてきます。
片付けが終われば、お風呂に入るまでの数時間はサポーター装着。
寝るときには湿布を貼り、剥がれないために手袋をして就寝。

朝、起きたときは、間接が固まりすぐには動かせない状態ですが、すぐに動くようになります。

朝食後、サポーターを着けてお昼前まで固定して・・・

と、そんな日常生活にすっかり慣れてしまいました。


じゃあ、どうして医者に行かないか? となるのですが・・・
あちこちを徘徊して調べた感じだと、
その辺の普通の整形外科に行っても、私ぐらいの症状だと、
「腱鞘炎ですね?、湿布出しておきましょう。 痛み止めも飲みますか?」
で終わってしまうようです。

専門の手の外科と看板を掲げているところに行っても、たぶん私ぐらいの症状だったら、注射や手術には至らず、同じなんじゃないかなぁ??

もっと酷くなり、何も出来ないような状態になれば、間接に直接ステロイド剤を注射したり、手術したりといろいろ治療法もあるようなのですが。


だから、自己流でやり過ごしています。

今は、とにかく、なるべく悪化させないように気をつけるしかないのかなぁ・・・。

関連記事

コメント

お大事に…

痛々しいですね
大丈夫ですか?

>その辺の普通の整形外科に行っても、私ぐらいの症状だと、
「腱鞘炎ですね~、湿布出しておきましょう。 痛み止めも飲みますか?」
で終わってしまうようです。

ひろこさん、そのとおりです!!
整骨院ではそれしか期待できず、ただ痛みが治まるのを待つしかないんですよね

でも腱鞘炎だとすると、仕事で酷使するとどうしても治りが遅くなるし…
半年近くもなるなら、一度受診も必要かも……

お大事にしてくださいね



>ぱおさん

ご心配いただきありがとうございます。

>整骨院ではそれしか期待できず、ただ痛みが治まるのを待つしかないんですよね

ということは、もしかしたらぱおさんは経験者なのですか?
で、そうだとしたら、完治はされましたか?

受診も考えて入るんですけど、何しろ病院嫌いなものでv-404
総合病院の整形外科は1日がかりだし、個人の整形外科はどうなんだろう?
接骨院とか鍼灸院とかは??
など、いろいろ考えては受診をためらっています。

経験者です…とはいえ、ひろこさんのように
ボキッとかゴリッとは音はしませんでしたが…

今の仕事の前にパソコン入力の仕事をしていたとき
腱鞘炎に加えて、インフルエンザ後の筋肉痛がずっと続き
右腕全体も痛んで温湿布やサポーターを巻いて勤務していました

>あまり使えません
なんて言ってる場合じゃなく、容赦なく私たち担当者2人の机の上には
毎日、文字通り『ヤマのような伝票』が積まれていましたので、隠さず痛々しい姿で仕事してました(苦笑)

痛みはしばらくしておさまりましたが
それ以来右手は血行不良やしびれが慢性化して今に至っています
だましだまし使っているとでもいうのか………

なんか不安をあおるようなコメントでごめんなさいv-436

>ぱおさん

貴重な経験談、ありがとうございました。

そういうお話を伺っても、まだ受診しようと決められない私ですが。。。

仕事がお休みの今日は、夕方頃までサポーターで固定していたし、
買い物に行っても重い荷物はダンナが持ってくれたりと、
かなり手を休めることが出来ました。
おかげで、今日はほとんど、あのゴリッという音は聞いていません。

明日は仕事、重いとか痛いとかは言っていられないので、自分でなるべく注意するつもりです。
(仕事に支障のない程度にi-229

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kurumicat.blog8.fc2.com/tb.php/917-8908d4b9

  •  | HOME |