★あの頃の未来に僕らは立っているのかなぁ…すべてが思うほどうまくは行かないみたいだ★

★このままどこまでも日々は続いていくのかなぁ…雲のない星空が窓のむこうに続いてる★

★あれから僕たちは何かを信じてこれたかなぁ…夜空のむこうにはもう明日が待っている★
スポンサーサイト 
--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BW-770設置 
2010/01/14 11:31

10日に買ったDIGAを、11日に無事に設置できました。

設置といっても、ほとんどの作業はだんなちゃんがやるわけで、私は、取り外した機器やケーブル類を掃除したり、あれこれ注文付けたりするだけなのですが。


配線オバケテレビの配線を外し、テレビが乗っていた台をどかすことから作業が始まりました。

台が置いてあったところは畳がまだ青くてキレイ!

それにしても、この配線オバケ達・・・、こんなにもたくさんのケーブル類がテレビに繋がっていたなんて!!


今回は無駄な(使わない)配線は全て撤去する方針で、とりあえず、オーディオラックのものを全部取りだして、掃除しました。


以前は、SHARPのDVDレコーダーから、VHSへのダビングが出来るように配線されていたのですが、実家でもDVD?RWを再生出来るようになったので、もうVHSへダビングすることはないだろうと、繋げませんでした。

その代わりに、VHSに録った貴重な映像を、もしかしたらDVDに焼き直すことがあるかも・・・と、VHSからDVDレコーダーに接続。
VHSからブルーレイに、というのは有り得ないので繋いでいません。

もしかしたら、画質に関しては諦めるしかないけど、ブルーレイに長時間入れておいた方がいいのかな??

この作業自体、本当にやるのか?? な感じですが。。。


CDプレーヤーとして、また買ったりレンタルしたDVDを再生するのにしか使っていなかった、SONYのDVDプレーヤーは取り外して、オジジの元へ。

でも、オジジももうすぐブルーレイレコーダーを買いそうなので、そうしたら不要になり戻ってくるのですが。


あと、アンテナの配線が繋がっていただけの、古いVHSデッキも取り外しました。

200枚のCDチェンジャーは、引き取り手が見つかったので、我が家からは姿を消します。


その他にも、オーディオのアンプ(出力)からPC(入力)に繋がっていた赤白ケーブルも不要なので取り外し。
たぶん、以前に、アナログのレコードをCD化できるかも? と繋げていたんだろうと思いますが。


無事に設置     青い光

そんな感じで、いくつものケーブルを取り外し、不要な機器も取り去り、配線だけじゃなく、オーディオラックもずいぶんすっきりしました。

DIGAは青く不気味な美しい光を放っています。


でも、ひとつ不便なことが発生!


スピーカー今まではSONYのDVDプレーヤーがアンプに繋がっていて、スピーカーから音を出していたのですが、これからは、CDを聞くときはDIGAで聞くことになり、DIGAの音声出力が足りず、CDを聞くときにはテレビを点けて、テレビでCDを聞く状態になりました。

どうしてもスピーカーから音を出したいときは、テレビの音をアンプから出してスピーカーを鳴らすように配線してあります。

オジジのところからSONYが戻ってきたら、また繋げた方がいいみたい。。。


レコードプレーヤーだんなちゃんがどうしても繋げたいと譲らなかったレコードプレーヤーは、テレビの台の下にぴったりと収まりました。

一応繋がっていて、音は鳴らせる状態ですが、この場所だと蓋もあまり開かずに、とても使いにくいです。

でも、たぶん使わないので、これでOKです。

ここに収まっていれば、猫の毛やヨダレや、ホコリが付くこともないし、いい考えだと思います。

あっ、ここも、レコーダーが入っているところも、ちゃんと硝子の扉が付いていますので。


そんなわけで、あとはテレビ・・・ですか??
いつ買えるかわからないけど、37型Vieraを狙っています。

関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kurumicat.blog8.fc2.com/tb.php/928-abe3c585

  •  | HOME | 
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。