★あの頃の未来に僕らは立っているのかなぁ…すべてが思うほどうまくは行かないみたいだ★

★このままどこまでも日々は続いていくのかなぁ…雲のない星空が窓のむこうに続いてる★

★あれから僕たちは何かを信じてこれたかなぁ…夜空のむこうにはもう明日が待っている★
覚え書き 
2010/05/15 17:10

私の甲状腺疾患についての覚え書きです

今まで、感情のままに書いてきたので、ちょっと整理しておきたいなと思って。


3月12日  仕事が休みで甥っ子を預かる。
        甥っ子を迎えに来た、義弟が自宅に戻り、
        「なんか、すごく疲れてるみたいだった」
        と、言っていたらしい。

        私はまだ自覚していなかった。
        ちょうどこの頃、朝8時からの仕事もたまにあり、
        疲れているのは仕事のせいだと思っていたので。
        この頃から、ほぼ毎日頭痛もあったが、
        もともと頭痛持ちなのでさほど気にせず。
        ナロンエースを常用


3月14日  REGZAを地元のコジマで購入。
        充分に価格調査はしていて、池袋に行けば1万円は安く買える。
        だんなちゃんに「池袋に行くか?」と聞かれたけど、
        「もう疲れたからここで買っちゃおう」と。


3月15日? 動悸を意識し始める。
        「なんかおかしい、どっか悪いのかなぁ?」
        と思うも、午後からの仕事に行けば、動けていたからそのまま。


3月18日  その日は朝8時からの仕事。
        仕事中もずっと動悸が激しく、多汗。
        午前中の仕事が一段落して、早めに昼休みになった。
        なんだろう?この動悸と汗??
        自転車で自宅に戻る途中、吐き気がした。
        帰宅後すぐに横になり休む。

        会社に具合が悪いことを電話して、
        近所のクリニックに駆け込む
        心臓が壊れそうな動悸で、とにかく助けて欲しかった。

        心電図は異常なし。
        脈拍 127 かなり早い。
        甲状腺機能亢進症の疑いで血液検査。


        インデラルを1日3錠処方される。


3月23日  クリニック 3月18日の血液検査結果( 基準値 )
       
        TSH 0.003 (0.40?4.00)
        FT3 25.0  (2.5?4.3)
        FT4 10.0  (1.0?1.8)


        甲状腺機能亢進症と診断される。
        典型的なバセドウ病と。

        この時の検査でも肝機能に異常が認められた。
        次回まで経過観察。
        AST(GOT) 68 (7?38)
        ALT(GPT)109 (4?44)
 

        メルカゾール1日6錠
        テノーミン1日1錠
        セルベックス(胃薬)1日3錠
        ロキソニン(頭痛薬)頓服


        ロキソニンは効かず、ナロンエースを常用

        病名がはっきりしたので、今後の事を会社と相談。
        良くなるまで長期休職ということで、退職はせず。 


4月5日   クリニック 診察・採血
        やや頻脈。
        結果は4日後。


4月9日   クリニック 4月5日の血液検査結果( 基準値 )

        TSH 0.003 (0.40?4.00)
        FT3 11.76 (2.5?4.3)
        FT4  3.97 (1.0?1.8)

        AST(GOT)157 (7?38)
        ALT(GPT)271 (4?44)


        甲状腺ホルモンの数値は順調に下降。
        肝機能がかなり上昇。


        総合病院の消化器内科受診を勧められ、
        紹介状を書いてもらい、その日のうちに総合病院へ。

        採血・結果は2週間後。
        2週間後に超音波検査も予約。

        メルカゾール1日6錠
        テノーミン1日1錠
        セルベックス1日3錠
        ウルソ 1日6錠
(総合病院で)

        ロキソニンは私には効かないので出されず。

        この日を境に、ナロンエースをキッパリ止めると、
        不思議と頭痛もなくなった。


4月19日  クリニック受診
        採血無し、あれ?いいのかな??

        次回の検査結果によっては、薬を減らすらしい。

        メルカゾール1日6錠
        カロナール 頓服

    
        この頃、クリニックでの受診に不安を感じ始める。
        (メルカの減量方法、検査の頻度など)


4月23日  消化器内科受診

        4月9日の血液検査結果
        当日の血液検査結果、超音波検査結果の説明。

        肝機能は良くなってきている。
        超音波所見は、問題なし。

        薬を飲みながら経過観察。

        検査結果のコピーは貰えず。

        ウルソ1日6錠

        
        その日のうちに甲状腺外来受診
        肝機能が落ちているからということで
        
        メルカゾールが1日3錠に減らされる
        
        今後、ここで診察を受けることに決定。


5月13日  甲状腺外来 採血


5月14日  甲状腺外来受診

        5月13日 血液検査結果
  
        TSH 17.91 (0.40?3.5)
        FT3 1.9 (2.2?4.1)
        FT4 0.2 (0.9?1.8)

        AST(GOT)29 (7?38)
        ALT(GPT)28 (4?44)


        バセドウ病ではなく無痛性甲状腺炎だったと診断
        甲状腺専門医も驚愕・・・。
        最初の数値からだとバセドウ以外考えられないと。

        肝機能は正常値。

        甲状腺ホルモンは低下しているが投薬なしで観察。



整理したつもりだけど、やっぱりだらだらしちゃったかな。。。
自分のための覚え書きなので。   
              

関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kurumicat.blog8.fc2.com/tb.php/968-2514ff92

  •  | HOME |