★あの頃の未来に僕らは立っているのかなぁ…すべてが思うほどうまくは行かないみたいだ★

★このままどこまでも日々は続いていくのかなぁ…雲のない星空が窓のむこうに続いてる★

★あれから僕たちは何かを信じてこれたかなぁ…夜空のむこうにはもう明日が待っている★
風ひとり旅 
2010/05/17 10:08

昨日は、東京国際フォーラムでの、伊勢正三【 風ひとり旅 】に行ってきました。

1週間ぶりに会うお友達と一緒だったのですが、久しぶりに会うお友達とも会えて、帰りにちょこっとお酒も飲めて、楽しい1日でした。

懐かしい方々とも、ご挨拶できて嬉しかったです。


肝心のコンサートですが、ナマ(?)正やんは、昨年9月のサマピinつま恋で見て以来・・・(サマピの旅日記、中途半端で終わっちゃってましたね・・・苦笑)、正やんのコンサートとしては、3年前のべるが以来です。


開場を待つお客さんの雰囲気は、なんか独特なものがありました。
こうせつさんの時は、もう、開場前からお祭りっぽい雰囲気ですが、今回はみんな談笑はするも、ちょっと緊張感もあって(大人な?)雰囲気です。
こうせつさんの時のように、じいちゃん、ばあちゃんはいなかったかな?


最近の宝塚は観に行っていないけど、わたるくんの舞台の時は、若いお嬢さんから、おばあちゃままで幅広い年齢層で、ほとんどが女性という、また独特の雰囲気なんですよね。



コンサートはスクリーンに映し出される風のアルバムジャケットから始まり、私は、2000年5月のかぐや姫ベストドリーミンを思い出していました。
この時もこんな始まり方だったなぁ・・・と感慨深くなっちゃいました。


私は、風は、後追いファンなので、しかも、聴いていたのは【風 コンプリートベスト】と、他のベスト盤2種類(なぜかベスト盤ばかりこんなに持ってるけど、ほぼ曲は同じ)なので、アルバムジャケットにあまり思い入れはありませんでした。

一応、CD選書っていうお買い得な値段になったCDを全部買ったのですが、買ったことに満足してろくに聴いていなかったんです。。。


スクリーンが上がるとそこには正やんがいて、オープニングの地平線の見える街から、もうノリノリでした。

とにかく正やんがぴょんぴょんしていて、すごく楽しそうで、見ている私も楽しくなっちゃうぐらい。

選曲も、ほとんどがベスト盤に入っているような曲で、知らない曲は2曲ぐらいだったかな?

そんな面でも本当に楽しめたコンサートでした。


先週のグリーンパラダイスの時には、あまりギターの音を意識することはなかったけど、今回は、これぞアコースティックギター(?)っていうぐらい、ギターの音も堪能。


そういえば、最近、だんなちゃんもギター弾いていないなぁ?。


途中、何度かウルッとしちゃったり、本当にいいコンサートでした。


そうそう、「あいつ」を聞きながら、

あれ?お父さんと将棋をするやつだっけ?

と、思ったのですが、この曲では将棋もしないし、お母さんも犬を飼わないし、
あいつのことを好きなのは自分の妹じゃないし・・・。

すっかり、かぐや姫【夏この頃】と、混同してしまいました。

帰宅後、【夏この頃】を聞いたのは言うまでもありません。



コンサート終了後、4人で、有楽町ガード下の小さな居酒屋さんで、ちょっとビールを飲んで、楽しい時間を過ごしました。

なぜか、シルバー人材センターみたいな店員さんしかいないお店でしたが、まぐろほほ肉ステーキは絶品でした。

また食べたいなぁ???♪


昨日、ご一緒した方々、本当にありがとうございました。
また、遊びたいねぇ???。


関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kurumicat.blog8.fc2.com/tb.php/971-fea93241

  •  | HOME |